ニュース

第4回コンテンツツーリズム学会 論文発表大会が終了しました。(2016.12.17)

当学会の第4回論文発表大会が、11月27(日)に大阪観光大学にて開催されました。
今回は、5名の方に発表頂き、特別講演として神戸フィルム顧問・観光カリスマVISIT!JAPAN大使の田中まこ氏に
「フィルムコミッションが支える日本のコンテンツツーリズム」についてお話し頂きました。
ご講演、ご発表頂いた皆様、ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
◆詳細はコチラ





第4回コンテンツツーリズム学会論文発表大会および理事会を開催します。(2016/10/24)


※当大会の詳細pdfはコチラ

【コンテンツツーリズム学会理事会】
■時間:13:00~13:30
■会場:大阪観光大学 第3教室棟 222教室

【第4回コンテンツツーリズム学会論文発表大会】
■日時:2016年11月27日(日)14:00~17:30(開場13:30)
■場所:大阪観光大学 第3教室棟2F 大講義室(〒590-0405 大阪府泉南郡熊取町大久保南5丁目3-1)
■地図:http://www.tourism.ac.jp/concept/access.html
■参加費:無料(懇親会は参加費4,000円)
■申し込み方法:以下のフォームに「メールアドレス/氏名/よみがな/所属/会員または非会員/
                    懇親会の参加の有無」をご記入ください。※申込み〆切  11月23日(水)
                    https://goo.gl/forms/ihbjUsOc3Thproqy2

【プログラム】
14:00 開会挨拶   コンテンツツーリズム学会会長 増淵敏之(法政大学大学院教授)
                      大阪観光大学観光学部長  橘弘文教授
14:15 論文発表   4~6名を予定(1人15~20分)
(休憩)
15:45 特別講演   田中まこ(神戸フィルムオフィス顧問・観光カリスマ・VISIT! JAPAN大使)
                      「フィルムコミッションが支える日本のコンテンツツーリズム」
16:45 全体講評   溝尾良隆 名誉会長(立教大学名誉教授)
                      安田亘宏 副会長(西武文理大学教授)
17:00 閉会挨拶   中村忠司 理事(大阪観光大学教授)

【懇親会】
会場:居酒屋けんちゃん(日根野駅徒歩2分・072-468-0606)
        https://goo.gl/maps/qP1QQsuaGqQ2
時間:17:30~19:00
会費:4,000円

【主催】
コンテンツツーリズム学会
http://contentstourism.com/
【協力】
大阪観光大学
http://www.tourism.ac.jp
【問合先】
コンテンツツーリズム学会事務局
mail@contentstourism.com
http://contentstourism.com



本学会、増淵会長の新刊「きょうのごはんは“マンガ飯”」が出版されました。(2016/08/31)


●内容紹介●
■愛情たっぷりマンガ飯
『3月のライオン』『姉の結婚』『SLAM DUNK』ほか
■マンガ飯の男子ごはん
『のだめカンタービレ』『ハヤテのごとく! 』『よつばと! 』ほか
■きょうの「カレー」は、どのマンガ飯
『チャンネルはそのまま! 』『ReReハロ』『華麗なる食卓』ほか
■きょうのおやつは、マンガスイーツ
『潔く柔く』『俺物語! ! 』『西洋骨董洋菓子店』ほか
■きょうは、みんなでマンガ飯Party♪
『ドラえもん』『はいからさんが通る』『銀の匙』ほか
この書籍には、法政大学地域創造システム研究所客員研究員の鈴木里加子さんがコーディネーション、陸善さんがイラストで参加しております。

●詳細●
 出版社:旭屋出版
 発売日:2016/9/1
 定価:1000円
   amazonサイトはコチラ



第4回(2016年度)コンテンツツーリズム学会研究大会 発表の論文を募集します。(2016.08.08)

2016年11月27日(日)大阪観光大学にて開催を予定しています。
研究論文は、適宜応募受付をしていますが、今回は9月30日締切にて募集いたします。
詳細は、研究論文投稿要項(PDF)をご確認ください。
なお、応募者の事情を考慮いたしますので、その際は、メール(mail@contentstourism.com)にてご連絡をお願いします。



2016年度のコンテンツツーリズム学会シンポジウムを開催しました。(2016.06.14)

2016年度の「コンテンツツーリズム学会シンポジウム」を、6月5(日)、新宿区の目白大学新宿キャンパスにて61名の方にご参加いただき開催致しました。
基調講演は増田弘道さん(アニメ制作会社マッドハウス元代表取締役)に「杭州アニメフェア2016を訪ねて? なぜ80后・90后は日本に来たがるのか」というテーマで、中国におけるアニメ放送の歴史と現状について講演をいただきました。
続くパネルディスカッションでは、増田弘道さん、柿崎俊道(聖地巡礼プロデューサー)、野田政成(西武鉄道株式会社運輸部スマイル&スマイル室)をパネリストに迎え、安田亘宏(西武文理大学教授)のコーディネートにより「地域と鉄道のコンテンツツーリズム」のテーマで、西武鉄道のアニメを活用した事例や沿線アニメ産業の実態、聖地巡礼の始まり等について語っていただきました。
その後、赤塚不二夫ゆかりの店 居酒屋「権八」に場所を移し懇親会が和やかな雰囲気の中行われました。
講演者、パネラーの皆様、また、当日運営にご尽力いただいた目白大学の鷲谷理事及び学生の皆様、ありがとうございました。



投稿論文を募集します。(2016.06.07)

  コンテンツツーリズム学会では、広く論文を募集いたします。
  コンテンツツーリズムに関する多彩なテーマ、様々な研究成果の投稿を期待しています。

  1.投稿資格
  (1) 原則としてコンテンツツーリズム学会の会員とします。
  (2) 非会員の場合コンテンツツーリズム学会論文集編集委員会が認めたもの。
  (3) 今年度「論文発表大会」(2016年11月27日・大阪観光大学にて[予定])に参加し論文発表のできるもの。

  2.投稿
  (1) 投稿は他の学会や他の刊行物に未発表のものに限ります。
  (3) 投稿のカテゴリーは「論文」「研究ノート」「調査報告」とします。編集委員会の審査によりカテゴ
       リーを指定する場合があります。
  (4) 投稿は指定の書式で書かれたワード原稿とし、「コンテンツツーリズム学会論文集編集委員会」宛、
       Eメールにて提出して下さい。
       mail:mail@contentstourism.com
  (5) 投稿の締切りは、2016年9月30日(編集委員会必着)とします。

  3.審査
  (1) 審査はコンテンツツーリズム学会論文集編集委員会にて複数の委員によって行います。
  (2) 編集委員会での審査結果を受けて、掲載の採否を理事会にて決定します。
  (3) 編集委員会は原稿の修正の指示、カテゴリーの変更をすることがあります。

  4.掲載誌
  『コンテンツツーリズム学会論文集 Vol.4』(2017年3月発刊予定)

  ※論文を投稿される方は必ず、既発行論文集およびホームページに掲載の【投稿要綱】をご確認ください。



平成28年度 コンテンツツーリズム学会シンポジウムを開催します。

■日時:2016年6月5日(日)14:30~16:30
■場所:目白大学新宿キャンパス10号館 10302教室(東京都新宿区中落合4-31-1)
■地図:https://www.mejiro.ac.jp/map/access_s.html
■キャンパスマップ:https://www.mejiro.ac.jp/map/s_campus.html
■参加費:無料(懇親会は参加費4,000円で事前申し込みが必要となります。)
■申し込み方法:参加希望の方は5月31日までに「氏名」「会員または非会員」「所属」「懇親会の参加の有無」を明記の上、
                    下記までメールをお願いします。 ※参加証はご送付しておりません。
■申し込みメール:mail@contentstourism.com

【プログラム】
1.開会
      会長挨拶 増淵敏之(法政大学大学院教授)
2.基調講演
    「杭州アニメフェア2016を訪ねて?なぜ80后・90后は日本に来たがるのか」
      増田弘道(アニメ制作会社マッドハウス元代表取締役
      (社)日本動画協会人材育成委員会副委員長)
3.パネルディスカッション
    「地域と鉄道のコンテンツツーリズム」
      増田弘道(アニメ制作会社マッドハウス元代表取締役
      (社)日本動画協会人材育成委員会副委員長)
      柿崎俊道(聖地巡礼プロデューサー)
      野田政成(西武鉄道株式会社運輸部スマイル&スマイル室)
      <コーディネーター>
      安田亘宏(西武文理大学 教授)
      ※発表者、テーマは、変更になる場合があります。

【懇親会】
会場:赤塚不二夫ゆかりの店 居酒屋「権八」
東京都新宿区中落合1-13-2
時間:17:30~19:00 ※現地集合になります。
会費:4,000円 ※先着25名限定(事前申込が必要です)
地図:http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132104/13064981/dtlmap/
※赤塚不二夫の食べた料理あり。

【主催】
コンテンツツーリズム学会
事務局:〒162-0843 東京都新宿区市谷田町2-15-2 法政大学 増淵敏之研究室
http://contentstourism.com/


当学会会長増淵が南魚沼市のイベント「南魚沼♪メロディートレイン」に出演します。(2016.01.30)

■会  場:北越急行(株)ほくほく線特別貸切列車内
■出発日時:2016/3/20(日) 春分の日 AM10:00出発予定〜PM1:00終了予定
■経  路:(下り)六日町駅→まつだい駅→(折り返し)、(上り)まつだい駅→十日町駅→六日町駅
            上記駅に停車して生演奏の予定
■参 加 費:1,100円(電車運賃含む)
■募集定員:100名 ※応募者多数の場合は抽選
■募集期間:2016/1/22(金)~2016/2/12(金)
■申し込み:電話もしくはメール
               電 話:025-773-6665
               メール:kankou@city.minamiuonuma.lg.jp
■問合せ先:南魚沼市産業振興部商工観光課観光交流班
■出 演 者:増淵敏之(法政大学大学院教授・コンテンツツーリズム学会会長)
                シンガーソングライター河口恭吾氏
■主  催:コンテンツツーリズム推進協議会(南魚沼)
■共  催:北越急行(株) コンテンツツーリズム学会 南魚沼市
◆詳細は こちらをご覧ください。


第3回コンテンツツーリズム学会 論文発表大会が終了しました。(2015.11.22)

当学会の論文発表大会が、11月22(日)西武文理大学にて開催されました。
今回は、秩父市長久喜邦康氏に「アニメ・コンテンツを生かした観光まちづくり」として基調講演をいただきました。
また、パネルディスカッション「『あの花』と『ここさけ』の舞台を訪ねる旅をプロデュースする」と題して久喜氏(秩父市長)、
清水氏(株式会社アニプレックス企画制作部部長)、古関(コンテンツツーリズム学会理事・株式会社JTBコーポレートセールス室長)をパネラーに、 安田(コンテンツツーリズム学会副会長・西武文理大学教授)がモデレーターを務め、実施しました。
研究発表は6組9名の方に発表頂きました。
ご講演、ご発表頂いた皆様、ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
◆詳細はコチラ


基調講演   

パネルディスカッション


第3回コンテンツツーリズム学会 論文発表大会を開催します。

■日時:2015年11月22日(日)14:00~16:30
■会場:西武文理大学 2号館109教室(〒350-1336 埼玉県狭山市柏原新田311-1)
■開場:13:30
■参加費:無料
参加ご希望の方は、11月18日までに氏名、所属、懇親会の有無を下記メーまでメールください。
※申込先:mail@contentstourism.com 申込確認は特にお送りしません。
◆詳細はコチラ



TIFFCOM公式セミナー「Cool Japan with Locals @ JCS-全国各地からの“クールジャパン”-」のご案内。

※ご参加には事前のお申し込みが必要となります。
本セミナーでは、映像コンテンツを活用したコンテンツ産業振興と「地方創生」の具体的プロジェクト/
コンソーシアムの形成・拡充を目指し、コンテンツ事業者と一般事業者・行政による先行的なプロジェクト
のケーススタディと、地域プロデューサーを介した事業者・地域間連携のマッチングを行います。
◆詳細はコチラ



法政大学・三鷹ネットワーク大学共催講座のご案内

三鷹では文豪ゆかりの地図や太宰地図などがこれまでに発行されています。
本講座はそのアプローチをさらに発展させ、時間軸によるレイヤーを意識しながら、更に幅広い新たな
文化地図作りの基礎を学んでいきます。
◆詳細はコチラ



第3回研究大会発表論文を募集します。(2015.08.23)

コンテンツツーリズム学会は、第3回研究大会を2015年11月22日(日)、西武文理大学(埼玉県狭山市)で開催いたします。
研究発表の応募登録締切り、論文提出締切りをご確認いただき、ご準備をお願いいたします。
発表論文は、広く「コンテンツツーリズム」に関連した学問的研究であれば、研究方法・対象領域を問いません。発表に際し、来春発刊予定の『コンテンツツーリズムVol.3』に掲載する研究発表論文を提出していただきます。
さまざまの立場からの、さまざまな学術分野からのアブローチによる研究論文を歓迎します。
◆詳細はコチラ



2015年度のコンテンツツーリズム学会シンポジウムを開催しました。(2015.06.30)

2015年度の「コンテンツツーリズム学会シンポジウム」が、6月7(日)、市ヶ谷の法政大学新見付校舎にて、52名の方に参加いただき開催されました。
基調講演には、新鞍トシヤさん((株)Journal Entertainment Tribute 代表取締役)により「国際共同ドラマ制作と地域発信」のテーマで、日本のロケ地によるタイのドラマ製作の事例を紹介いただきました。
続いて研究発表では、内川久美子さん(法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程)が「パワースポット社寺参詣の研究」、家長千恵子さん(法政大学大学院地域創造システム研究所 特任研究員)が「『ニューツーリズム』時代の観光マナー」、板津啓二さん(株式会社ナガトヤ 営業推進部企画次長兼東京事業所長)が「ヱヴァンゲリヲンのキャラクター商品開発と販売―キャラクター商品コラボで地方活性―」のテーマで、3名の方が発表されました。 講評は、溝尾良隆名誉会長(立教大学元教授)、安田亘宏副会長(西武文理大学教)の両氏でなされ、その後、会場を移し懇親会が和やかな雰囲気の中で行われました。

シンポジウム

基調講演の新鞍トシヤさん


第4回コンテンツツーリズム学会シンポジウムを開催します。(2015.04.30)

  1.開催日時 2015年6月7日(日)14:00~16:30

  2.開催会場 法政大学新見附校舎5F 501号室(新宿区市谷田町2-5-12)

  3.開催内容
     【開会】      会長挨拶  増淵 敏之(法政大学院教授)
     【基調講演】「国際共同ドラマ制作と地域発信」
                      新鞍 トシヤ((株)Journal Entertainment Tribute 代表取締役)
     【研究発表】【企業事例】「エヴァンゲリオンのキャラクター商品の開発と販売」
                      板津 啓二(株式会社ナガトヤ 営業推進部企画次長兼東京事業所長)

     ※その他、学術研究発表(1~2名)を予定しています。
     ※発表者、テーマは変更になる場合があります。

  4.懇親会
     時間:17:00~18:00
     会場:法政大学新見附校舎 7F会議室(新宿区市谷田町2-15-2)
     参加費:2,000円

◆シンポジウムに先立ち13:30から同会場で総会を実施します。
   総会は会員のみ、シンポジウムは会員以外でも参加できます。
◆参加お申し込みは6月5日までに「お名前」「ご所属」「メールアドレス」「懇親会参加の有無」をご記入の
   上、mail☆contentstourism.comまでご連絡ください。(☆を@マークに変えて送信ください)
◆当日新規入会申し込みもお受けしています。(年会費  一般会員:5,000円  学生会員:2,000円)


古今書院より「コンテンツツーリズム入門」を出版しました。(2014.12.17)

コンテンツツーリズム学会は、地域に「コンテンツを通じて醸成された地域固有のイメージ」としての「物語性」「テーマ」を付加し、その物語性を観光資源として活用するコンテンツツーリズムの学術的研究、普及および事業化を視野に入れ実践活動を行う学術学会として2011年に設立しました。
学会初の出版となる「コンテンツツーリズム入門」は主要メンバーにより執筆されました。

◆ご購入はコチラからお願い致します。


コンテンツツーリズム学会 第2回研究大会の内容を更新しました。(2014.10.30)

◆詳細はコチラ


コンテンツツーリズム学会 第2回研究大会発表論文を募集します。(2014.10.10)

  第2回研究大会開催にあたり、論文を募集いたします。
  さまざまな立場、学術分野からのアプローチによる研究論文を歓迎いたします。
<募集スケジュール>
応募登録締切り:2014年11月3日(月)
論文提出締切り:2014年11月20日(木)※厳守
研究論文発表:2014年11月30日(日) ※1人15分程度
査読審査:2014年11月~2015年2月
※2月末に査読結果を通知します。査読の結果、一部修正を依頼する場合もあります。
著者校正:2015年2月(1回のみ。誤字脱字の修正程度)
発行:2015年5月(予定)

<応募方法>
(1)応募登録:締切り2014年11月3日(月)
     氏名、所属、連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)および「論文タイトル」を下記事務局宛メールにて応募ください。
(2) 論文提出 :締切り2014年11月20日(木)
     論文提出はEメールに限定します。下記事務局宛メールにて添付送信してください。メール受信を持って受理日とします。
     受理後、事務局より受領確認メールを送信します。(確認メールが届かない場合は事務局に連絡してください)
【事務局】
     メール:mail☆contentstourism.com(☆を@マークに変えて送信ください)
  ◆詳細はコチラ


コンテンツツーリズム学会 第2回研究大会を開催します。(2014.10.10)

  1.開催日時 2014年11月30日(日)14時00分~16:30
  2.開催会場 法政大学大学市ヶ谷田町校舎5階会議室
  3.開催内容
     基調講演:「観光立国実現とロケツーリズムについて」
                  観光庁観光地域振興部地域資源課 ニューツーリズム推進官 水口 幸司氏
     研究発表:4~5名
     講評
  4.懇親会
     時間:17:00~18:00
     会場:法政大学新見附校舎 7F会議室(新宿区市谷田町2-15-2)
     地図:http://chiikizukuri.gr.jp/access.html
     *発表大会会場から徒歩3分
     参加費:2,000円

◆参加お申し込みは「お名前」「ご所属」「メールアドレス」「懇親会参加の有無」をご記入の上、
   mail☆contentstourism.comまでご連絡ください。(☆を@マークに変えて送信ください)
◆詳細はコチラ
◆講演者については変更になる場合があります。


コンテンツツーリズム学会 新理事が就任いたしました。(2014.07.28)


  コンテンツツーリズム学会 7月の定例理事会で、お二人の理事が推挙、承認されました。
  ■報告・協議事項
  ・岡本健氏(奈良県立大学地域創造学部)
  ・毛利康秀氏(日本大学文理学部)

  大学研究者のご参画により、より学術的側面が補佐され、さらに研究体制が強化されました。


2014年6月8日(日)コンテンツツーリズム学会 第3回コンテンツツーリズム学会は、盛況のうち無事終了しました。(2014.06.08)


  1.講演
  増淵敏之 会長(法政大学大学院教授)
  2.基調講演
  岡本健 (奈良県立大学地域創造学部講師)
  3.研究発表
  北川順也(法政大学大学院政策創造研究科)
  毛利康秀(日本大学文理学部)

たくさんの方々にご来場いただき、誠にありがとうございました。
今後とも、ご支援、ご協力をおねがいいたします。


2014年6月8日(日)コンテンツツーリズム学会 第3回コンテンツツーリズム学会 シンポジウムを開催します。(2014.04.18)


  日時:2014年6月8日(日)14:00~16:30
  場所:法政大学新見付校舎5F501号室(新宿区市谷田町2-15-2)
          http://chiikizukuri.gr.jp/access.html
  参加費:無料
  主催:コンテンツツーリズム学会
  事務局:法政大学 増淵敏之研究室(〒162-0843 東京都新宿区市谷田町2-15-2)

  ※シンポジウムに先立ち13:30から同会場で総会を実施します。
  ※総会は会員のみ、シンポジウムは会員外でも参加できます。
  ※当日会員の新規入会申し込みもお受けしています。(一般会員 5,000円 学生会員 2,000円)


<プログラム>
1.開演
  講演 増淵敏之 会長(法政大学大学院教授)
「新たなコンテンツツーリズムへのアプローチ」20分
2.基調講演
  岡本健(奈良県立大学地域創造学部講師)
「コンテンツツーリズム学の可能性-「アニメ・マンガの観光活用」を超えて」60分
3.研究発表
  北川順也(法政大学大学院政策創造研究科)
「近代化における聖地巡礼に関する一考察」
  毛利康秀(日本大学文理学部)
「東京都多摩市におけるコンテンツツーリズム創出活動に関する事例研究」
*発表者・テーマは変更になる場合があります。

<懇親会>
  時間:17:00-18:00
  場所:法政大学 新見附校舎7F会議室(新宿区市谷田町2-15-2)
  参加費:2,000円

◆参加お申し込みは「お名前」「ご所属」「メールアドレス」「懇親会参加の有無」をご記入の上、
  mail@contentstourism.comまでご連絡ください。

◆詳細はコチラ



コンテンツツーリズム学会 第1回研究大会の詳細が決定しました。(2013.11.08)


  日時:2013年12月1日(日)14:00~16:30
  場所:法政大学 市ヶ谷田町校舎511号室(新宿区市谷田町2-33)
  参加費:無料

<プログラム>
◆基調講演:
・「藤沢を歩いてみました」増淵敏之会長(法政大学大学院教授)
・「アキバツーリズムの両義性」山田一人(法政大学博士後期課程)
・「中野における物見遊山の考察ーローカルチャーを中心に」高橋芳文(広告景観研究所所長)
・「大河ドラマと観光地政策」浅田眞澄美(アップトゥユー代表取締役)
・「憧れの人を追うツーリズムの行動分析」岩崎達也(日テレアックスオン執行役員、共立女子大兼任講師)

<懇親会>
  時間:17:00-18:00
  場所:法政大学 新見附校舎7F会議室(新宿区市谷田町2-15-2)
  参加費:2,000円

◆参加お申し込みは「お名前」「ご所属」「メールアドレス」「懇親会参加の有無」をご記入の上、
  mail@contentstourism.comまでご連絡ください。


◆詳細はコチラ

コンテンツツーリズム学会第1回研究大会論文募集。(2013.08.30)


第1回研究大会開催にあたり、研究論文を募集します。
発表論文は、広く「コンテンツツーリズム」に関連した学問的研究であれば、研究方法・対象領域を問いません。
発表に際し、来春発刊予定の『コンテンツツーリズムVol.1』に掲載する研究発表論文を提出していただきます。
さまざまの立場、学術分野からのアプローチによる研究論文を歓迎いたします。

<募集スケジュール>
応募登録締切り:2013年9月30日(月)
論文提出締切り:2013年10月31日(木)※厳守
研究論文発表:2013年12月1日(日) ※1人20分程度
査読審査:2013年11月~2014年1月
※1月末に査読結果を通知します。査読の結果、一部修正を依頼する場合もあります。
著者校正:2014年2月(1回のみ。誤字脱字の修正程度)
発行:2014年3月(予定)

<応募方法>
(1)応募登録:締切り2013年9月30日(月)
     氏名、所属、連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)および「論文タイトル」を下記事務局宛メールにて応募ください。
(2) 論文提出 :締切り2013年10月31日(木)
     論文提出はEメールに限定します。下記事務局宛メールにて添付送信してください。メール受信を持って受理日とします。
     受理後、事務局より受領確認メールを送信します。(確認メールが届かない場合は事務局に連絡してください)
【事務局】
     メール:mail@contentstourism.com
◆詳細はコチラ

コンテンツツーリズム学会第1回研究大会を開催します。(2013.08.30)


<概要>
日時:2013年12月1日(日)14:00~16:30(予定)
開催会場:法政大学大学院市ヶ谷田町校舎
開催内容:【基調講演】増渕 敏之 コンテンツツーリズム学会会長・法政大学大学院教授(予定)
             【研究発表】発表者
※詳細につきましては後日発表いたします。

2013年6月2日(日)第2回コンテンツツーリズム学会 シンポジウムを開催します。(2013.05.22)


<プログラム>
1.開会
2.基調講演 溝尾良隆 名誉会長(帝京大学教授)「コンテンツ・ツーリズム資源の育成と定着化」50分
3.講演 増淵敏之 会長(法政大学大学院政策創造研究科教授)「『坂道のアポロン』を歩く」20分
4.パネルディスカッション  モデレーター:安田亘宏 副会長(西武文理大学サービス経営学部教授)70分

-パネリスト-
●「コンテンツツーリズム調査データ」中村忠司(JTBコミュニケーションズ チーフプロデューサー)
●「美女旅を通じたまちおこしの取り組み」目黒哲也(コンテンツ・ツーリズム推進協議会 委員長)
●「J・T(ジャニーズ・ツーリズム)」岩崎達也(日テレアックスオン執行役員/法政大学大学院IM研究科 兼任講師)
※講師、テーマは変更になる場合もあります。

<概要>
日時:2013年6月2日(日)14:00~16:30 ※シンポジウム終了後懇親会を行いますので是非ご参加下さい。
参加費:無料 (懇親会参加費は2,000円となります)
場所:法政大学新見附校舎501号室(新宿区市谷田町2-15-2)
お申し込み:5月31日(金)までにご氏名、ご所属をメールにてご連絡下さい。参加証は特にお送りしません。
お申し込み先:mail☆contentstourism.com
 ※☆を@(アットマーク)に変えて送信してください。
主催:コンテンツツーリズム学会
◆詳細はコチラ


横須賀が舞台になった作品を集めた観光マップ「Yokosuka Culture Guide~ポップ・カルチャーを愛する人のための横須賀ガイド~」を制作しました。(2013.02.19)


横須賀市で、横須賀を舞台にした音楽・映画・小説・マンガなどの作品を紹介した観光マップ「Yokosuka Culture Guide~ポップ・カルチャーを愛する人のための横須賀ガイド~」を発行します。
その制作を当学会で行いました。
当観光マップは、横須賀美術館特別企画展「70's バイブレーション!~70年代ニッポンの音楽とポップカルチャーが横須賀に蘇る~」(3月16日(土)~4月14日(日))の開催に合わせて、2月中旬以降に横須賀美術館や市内主要観光施設、鉄道各駅等で配布する予定です。
詳しくは、横須賀市のホームページをご覧下さい。


2012年12月2日(日)第1回コンテンツツーリズム学会 シンポジウムを開催します。(2012.10.01)


<プログラム>
1.開会
2.基調講演 増淵敏之 会長(法政大学大学院政策創造研究科教授)「コンテンツツーリズムと横須賀」
3.パネルディスカッション「地域発のコンテンツツーリズム」


<概要>
日時:2012年12月2日(日)14:00~16:30 (懇親会 17:00~18:00)
参加費:無料 (懇親会参加費は2,000円となります)
場所:法政大学新見附校舎501号室(新宿区市谷田町2-15-2)
お申し込み:11月25日(日)までにご氏名、ご所属をメールにてご連絡下さい。参加証は特にお送りしません。
お申し込み先:mail☆contentstourism.com
 ※☆を@(アットマーク)に変えて送信してください。
主催:コンテンツツーリズム学会
◆詳細はコチラ

2012年9月23日(日)札幌で「マンガ」と「食」のイベント『マンタビ』が開催されます。(2012.09.10)


『マンタビ』は、さまざまなマンガに描かれた札幌市内の場所と、その作品やシーンについて紹介して いく聖地巡礼ツアーです。
食のお祭り、オータムフェストで北海道の食も堪能します。

<概要>
日時:平成24年9月23日(日)13:00~18:30※雨天決行
定員:30名(高校生未満の場合は、保護者同伴になります)
集合場所:中央バス札幌ターミナル1階待合室(札幌市中央区大通東1丁目3番地)
主催:札幌商工会議所
お申し込み:9月20日(木)までにお電話または下記のお申込用紙にご記入の上、FAXをお願いいたします。
お申し込み先:株式会社シィービーツアーズ 011-221-0912(電話)011-221-0117(FAX)

※営業時間/平日9:00~17:30 土曜日9:00~14:00(日祝定休)

◆お申込用紙・詳細はコチラ